靴の修理とバッグの修理のミスタークイックマン

トップページ > 足の病気

健康はまず、快適な足もとから。シューフィッティング

ご存知のように一日のうちでも足のサイズは微妙に変化します。ご自分の足にピッタリと合った靴を見つけることは非常に大変です。
足の病気の原因は「足に合わない靴」が大半です。多少痛くてもデザイン優先で靴を選び、そしてハイヒールを履く機会の多い女性に足の病気が除々に進行しています。
足に合わない靴が体に良くないことはわかっていても、痛いからといって新しい靴を履かないでいることはなかなかできません。
少しきついとか、靴ズレができるなら、早めの修理をお勧めします。

足の病気のいろいろ

説明 左の図にあります”つま先”、”親指の付け根”、”小指の付け根”の3点に気をつけて靴を選んで下さい。

ここがきついと様々な病気の原因となります。

外反母趾 マメ・タコ ウオノメ(過剰角化症) 開張足 ハンマー指 陥入爪

外反母趾

外反母趾のイラスト
親指が外側(中指方向)に曲がる病気。曲がることによつて親指の付け根が出っぱってきて、その部分が靴に当たるとひどく痛みます。靴と足が摩擦を起こし、炎症状態になる からです。

原因としては窮屈な靴が 上げられますが、持にヒールが高く、先のとがった細い靴が 起こりやすいです。

マメ・タコ

マメ・タコのイラスト
多くの人が経験のある足の病気ですが、その中には外反母趾の初期のケースという場合があります。

靴を変えても足指の同じ箇所にできるようですと、危険信号です。

ウオノメ(過剰角化症)

マメ・タコのイラスト
タコのひど いものでタコの中に神経 や皿管が入ってしまうために激痛を伴います。

原因は足指のアーチをつくつている中足骨が下がってしまい、靴を介して足が床にぶつかるためです。

開張足

開張足のイラスト
足の指はゆるいアーチ状になっており、このアー チが体重や衝撃を吸収するクッションの役割をはたしています。 このアーチが下がり、指の付け根が広がってしまうことを開張足といいます。

原因としては、ヒールの高さによって足指の付 け根が圧迫され正常な親指の安定性を欠くことです。

ハンマー指

ハンマー指のイラスト
窮屈な靴に無理やり足を押し込めると、指先がジンジンしてきます。そのままその靴を履き続けますと、指の関節が曲がったまま固定されてしまいます。

曲がり方がハンマーに似ているためハンマー指といいます。

陥入爪

陥入爪のイラスト
大きすぎる靴を履き続けますと親指の爪の周囲が 痛くなります。これは靴の中で足が移動して親指の爪を奇形させるためです。

成長期間中の若者に多く見られます。

シューストレッチャー

靴底の外側や内側のどちらか一方だけ減るカタヘリ状態で履いていたり、履きすぎて靴底がスリ減り、靴全体のバランスが崩れてる事が原因かもしれません。 窮屈な靴だけでなく、大きすぎる靴も歩行の妨げになる上、足趾に負担がかかり、腰痛などを引き起こす原因となります。 靴が足に合っていないと健康に悪い影響が出ます。 シューフィッターとはお客様の足にフイットする靴を選ぶ知識と技術を習得した者ですが、 靴をその人の足にピッタリ、フイットさせるのもシューフィッターです。 靴が原因で体調を崩している人が、案外多いですよ。

シューストレッチャー(靴伸張器)なら足(即)解決です。

ページトップへ戻る

1999年12月
WebサイトOPENより
あなた様で

アクセス目です。
いつもミスタークイックマンをご利用下さり、心から感謝致します。
店舗案内
ネット注文フォーム
今月のプレゼント当選者
クーポンを貯めよう
よくある質問
お客様の声
メンテナンス用品
靴・鞄の修理
クリーニングの注文
吉光グループ|古潭ラーメン
チケット7プレイガイド
魔法の手|時計修理&ネイルアート
靴の修理写真集

鞄の修理写真集

お問い合わせ

06-6453-3708
06-6453-3708
メールでのお問い合わせ

お問合せは下記注意書きをご確認下さい。

スマホ・携帯電話からのお問合せに対するメールに返信するとリターンとなって届かない回答が増えています。
@の前にドット「.」が2個以上あるアドレスには返信出来ませんのでご注意下さいませ。またスマホ、携帯電話の受信設定を
info@misterquickman.comが受信出来るように設定されてから、お問合せ下さいませ。
また、修理品の全体写真と修理個所が判断出来る写真を添付して頂けますようお願い致します。
※尚、土、日曜日はネット店休みの為、お返事は平日になり、3~4日間後になる事もがざいます。お急ぎのお問い合わせはお電話でお願い致します。